前へ
次へ

医療費負担を減らすのなら医療費控除

日本では年間の医療費が10万円を超える場合に、申請することで税金の一部が免除される制度があります。
これを医療費控除といいます。
税金免除となるので還付があるわけではありませんが、結果的には医療費負担を軽減することができます。
例えば、歯のインプラント治療は1本で30万円ほどの費用がかかり、尚且つ自由診療なので費用は全て自己負担になります。
しかし医療費控除の制度を使うことは可能なので、申請をすれば少しでも負担を減らすことができるでしょう。
年間10万円という基準は家計を同一にする家族の総額です。
単身赴任中の夫や進学で一人暮らし中の子供にかかった治療費も合わせて出すことができるので、領収書はまとめて置いておくのがいいでしょう。
また、通院のための交通費、市販の医薬品、異常が見つかり治療が必要になった場合の健康診断料なども対象になります。
目安としては、医師などの資格者がかかわった費用に適用されるとされています。

Page Top